【NHK】健康と美容に良いオメガ3 脂肪酸の効果・効率よく摂取する方法とは

細胞膜の表面を拡大した図。

オメガ3脂肪酸 発見のきっかけはイヌイット特有の食文化

今、スーパーマーケットの油売り場で、必ずと言っていいほど目に留まる「オメガ3脂肪酸」、皆さんご存じでしょうか?実はこれ、油脂を構成する成分のひとつ。美容や健康に良いという研究報告が相次ぎ、世界中で注目されています。でも、一体なぜなのか?最新研究から見えてきたそのメカニズムと、日々の暮らしで効率よく摂取する方法をご紹介します。


from NHK 健康ch

オメガ3脂肪酸が世界的に脚光を浴びたきっかけ、それは、50年ほど前にデンマークで行われた大規模な疫学調査です。なんと、北極圏に住む先住民族のイヌイットは、一般的なデンマーク人に比べて、動脈硬化が原因となって起きる心筋梗塞による死亡率が有意に低かったのです。生理学者のヨーン・ダイヤベルグ博士は、その理由を解明するためイヌイットと暮らしを共にしながら調査。すると、彼らが一般的なデンマーク人よりもオメガ3脂肪酸を極めて多く摂取していることが明らかになりました。ダイヤベルグ博士によれば、イヌイットの1日あたりのオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の摂取量は13.4gにも達するといいます。現在、日本の厚生労働省が推奨する目標値が1日あたり1gですから、私たち日本人の実に10倍以上!

では、彼らは一体どんなものを食べているのか?私たちは、人口の8割がイヌイットといわれる、カナダ・ヌナブト準州の州都イカルイトを訪ねました。長老たちの食事会にお邪魔すると、皆さんが好んで食べているのは、アザラシやクジラ、シロイルカなどの脂身。さらに、脂がたっぷり乗ったシロクマの肉も皆さんおいしそうに召し上がっていました。いずれも、オメガ3の一種、DHAとEPAが極めて豊富に含まれています。


from NHK 健康ch

関連記事

  1. 【オメガ3脂肪酸】健康に欠かせない「オメガ3脂肪酸 (Ome…

  2. オリーブ油

    【必須栄養素】不飽和脂肪酸とは?

  3. ご自分の血管年齢はご存じですか?

  4. アークティックオメガ3

    【オメガ3】気をつけたいのが「油」の種類